東京のゴミ屋敷掃除におすすめの清掃業者をご紹介

サイト内の金額で作業をしてもらえるとは限らない!
清掃業者によっては、HPなどに「〇〇円で清掃代行!」といったような、非常に安い価格が提示されている場合があります。しかし、その金額を信じて契約をしてしまうと、後々トラブルの種となってしまうのです。 そのような金額はあくまでも「参考」。実際いくらかかるかは、問い合わせなければ分かりません。
見積もり金額が変わってしまうことも?
東京におけるゴミ屋敷清掃業者絡みのよくあるトラブルとして耳にするのが、現場清掃にて見積もり金額が大きく変動してしまったということです。大抵の場合、事前に知らされていた価格よりも大きな額となってしまい、そのせいで支払いができなくなってしまったという体験談もあります。 これは、ゴミ屋敷の状況が想定されていたよりもひどいものであり、人員や道具を追加しなければならなくなったことが主な原因です。
最初の金額どおりに行く会社と行かない会社がある
ゴミ屋敷清掃というのは個々の事例によってその状況が大きく異なってしまうため、最初に提示されていた金額で作業をしてもらえないということもしばしば起こり得ます。その一方で、初期の提示金額からの変更を一切行わないという業者も存在しますので、なるべく安い予算でゴミ屋敷の清掃を済ませてしまいたいという方は、時間をかけて業者選びを行うようにしましょう。

東京のゴミ屋敷清掃業者ランキング!

強力なコストパフォーマンス、そして安心感が魅力!「お部屋片付け日本一」

わたくしRIHOがさまざまな業者をリサーチし、その値段やサービスのクオリティを慎重にに比較した結果、お願いしたのは「お部屋片付け日本一」という業者でした。

興味をもったきっかけは、公式HPに掲載されていた「ゴミ屋敷脱出ストーリー」を読んだこと。ゴミ屋敷に関する悩み、ゴミ屋敷清掃業者の選び方やテクニックなどが、かわいいキャラクターの登場する漫画形式でわかりやすく解説されており、「このようにわかりやすくものごとを伝えてくれる業者は、きっとサービスもいいはずだ」と考え、見積もりをお願いしました。

「ゴミ屋敷清掃は見積もり金額が現場で上昇することがある」という話を事前に知り合いから聞かされていたため、ある程度は覚悟していたのですが、いざ清掃がはじまってみるとそのようなことは一切なし。あらかじめHPに掲載されていた、非常にリーズナルなプランの料金から変更されないまま作業完了となりました。正直自分でも「大丈夫?」と思えるぐらい少ない予算だったのですが、それでもできる範囲で臨機応変に対応してくれたのです。

その結果、見るも無残なほどに荒れ果てていた親戚のゴミ屋敷は、まるで別物のようにピッカピカ。きれいになった居間を見て、「この業者にお願いしてよかった」と感動すら覚えました。

お部屋片付け日本一は、この私がもっとも強く推薦する清掃業者です!

ポイント1 強力なコストパフォーマンス、お手ごろなお値段、そして安心感が魅力!「お部屋片付け日本一」
ポイント2 爽やかで清潔感のあるスタッフばかり!社員教育が徹底している
ポイント3 業界のパイオニアで14年の実績がある、完全に清掃業に特化した清掃専門会社!
法人利用者も多く確かな存在感「グリーンリサイクル」

1位のお部屋片付け日本一とひけをとらない良質なサービスを提供しながら、おしくも2位のランクインとなってしまったのが、東京都大田区の会社である「グリーンリサイクル」です。

この会社が心強いのは、個人だけでなく法人の案件も受け持っているということ。ゴミ屋敷というと個人の自宅を思い浮かべる場合が多いですが、産業廃棄物が蓄積してしまった土地など、法人でもゴミ問題に悩まされてしまうことがしばしばあるのです。そうした問題は個人のそれと比較して高度なスキルと高い作業効率が求められるのですが、それを請け負っているグリーンリサイクルはかなりのノウハウを持っていると考えてもよいでしょう。

その高度なノウハウはゴミ屋敷清掃にも活かされています。たとえば、ゴミ屋敷から発生した不用品は、効率的な配車システムと専用トラックによって、最短最速で回収が可能。しかも、粗大ゴミから燃えるゴミまで、あらゆる分野の不用品を回収してくれます。

それでいて、業界最安値をウリとしており、ゴミ屋敷清掃にありがちなさまざまなお悩みにも万全の対策を敷いているグリーンリサイクル。かなり頼もしい業者と言えますね。

ポイント1 法人案件もてがけているので非常に心強い
ポイント2 24時間年中いつでも依頼を行うことができる
ポイント3 トラック載せ放題プランがかなりお得
ユーザーのことを第一に考えた真摯な取り組みが好評「まごのて」

3位にランクインしたのは、東京都江戸川区の「株式会社まごのて」です。先述した2社と比較すると知名度の点では劣りますが、それでも年間施工750件、累計4000件以上を達成している、実力派の企業です。

この企業の特色のひとつは、作業を行うスタッフがすべて正社員という点です。人数に頼ることの多いゴミ屋敷清掃では、日雇いのアルバイトなどを使う場合も多いです。そのため、情報管理意識のないバイトスタッフによって個人情報が漏洩したり、ゴミ屋敷にあった貴重品が盗難されたりといったトラブルが発生するおそれがあるのです。その点、この会社のように全員が身分のはっきりした正社員であれば、そういったトラブルを心配する必要もなくなりますね。

さらに、料金についても安心の明朗会計。作業前に提示された金額が作業後追加されるといったことがなく、分割払いなどにも対応していますから信頼性が高いです。

そのほか、この会社ならではのユニークな取り組みも多数行っていますので、気になるという方は是非公式HPへアクセスしてみてください。

ポイント1 スタッフがすべて正社員なので高い信頼性
ポイント2 アフターフォローでリバウンドストップ
ポイント3 不用物は立ち会いの上当日処分!
非常に高い顧客満足度と臨機応変さが魅力「ハウスジャパン」

続いて4位にランクインしたのは、東京都大田区にある「ハウスジャパン」です。

調べてみたところ、この会社は満足度がかなり高いようです。数値にして、なんと92%以上もの高さ。年間実績が1150件以上という多さの中で、これだけ高い顧客満足度を維持できているのはかなりすごいことでしょう。

この顧客満足度の高さが気になっていたので、一度電話で問い合わせを行ってみました。そこで感じたのは、スタッフの対応がきわめて丁寧ということです。こちらが抱えている悩みや問題点をゆるやかに引き出そうという姿勢には好感が持てますし、何か疑問点があれば理解できるまでかみ砕いて説明を行ってくれ、大いに満足することができました。このような結果から、口コミや顧客満足度の高さ等のデータは信頼できると言ってもよいでしょう。

電話だけでなく、ネットからでも問い合わせや見積もりの受付を行っているようです。特に見積もりについては30分以内に回答とかなりスピーディなため、回答の遅さにイライラさせられることもないでしょう。

ポイント1 顧客満足度92%以上!
ポイント2 最短3時間の超スピードで完了
ポイント3 難しい環境や時間帯にも柔軟対応
レベルの高いスタッフが安心を届ける「eco侍」

最後に紹介するのは、東京都大田区と千葉県富津市にて事業を展開している「eco侍」です。名前はちょっぴりふざけたような感じではありますが、HPを見てみたところ、まじめでさわやかな雰囲気の業者ですね。テレビやラジオでも宣伝を行っているので知名度自体は高いようですが、ひょっとするとご存じの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

口コミを一通り読んでみたところ、サービス内容自体はそれほど問題がなく、むしろよい評判が多いのですが、少々料金が高めとなっているとのことです。しかし、こちらでリサーチを行ってみると、こちらの業者に依頼してうまく節約できる方法を見つけましたので、これについては後述いたします。

この業者の強みとしては、複数のグループ会社を持っていることでしょう。通常不用品整理や廃品回収については外注業者に頼むため、そこでお金や時間のロスが発生しがちなのですが、そこでグループ企業の力を借りることにより、効率化に成功しているようです。

ポイント1 半年の研修を受けたスタッフのレベルが非常に高い
ポイント2 多種多様な状況に応じたプランが用意
ポイント3 期間限定割引キャンペーンでさらにお得!

なぜゴミ屋敷は生まれてしまうのか

ゴミ屋敷が発生してしまう原因は、実に多岐に渡ります。

もっとも多いとされるのは、1人暮らしの住人が病気などによって満足に身動きがとれなくなってしまい、その結果生活ゴミが蓄積してしまうといったものです。また最近では、仕事が忙しくてゴミを片付けるひまがなくなり、徐々にゴミがたまってしまうという事例も見られます。

有名なケースとしては、その家や部屋に住む住人がメンタル的な病にかかってしまい、いろいろな場所から不用物を集め、それが数年続いた結果大規模なゴミ屋敷となってしまうといったものです。

いずれの場合も要因となるのは、住人の人間関係が希薄であることです。「このままではゴミが溜まってしまうよ」と注意してくれたり、代わりに掃除をしてくれるような家族や知人友人がいないため、事態の悪化に歯止めが効かなくなってしまうのでしょう。そのため、周囲が気づいたときは、大変なことになっているという場合が多いのです。

私の場合もそうだったのですが、遠い親戚の家がゴミ屋敷と化していたという事例もあります。ゴミ屋敷問題は、決して対岸の火事ではないということですね。

東京はゴミ屋敷が多い地域!?

日本の中心である大都会、東京。皆さんもご存知の通り、人口は日本の中でも最も多く、日本の人口の10%以上を占めています。一部報道では、2025年には東京都の人口は1400万人を超えるとも言われています。

都心にはオフィス街と共にタワーマンションが立ち並び、郊外には団地などの住宅街が密集しています。本当に多くの人が働き、そして暮らしています。東京に憧れを抱いて就職のために上京をする人も多いでしょう。ただ、現実は甘くなく、都心になればなるほど社会人としての「競争力」は増していきます。常に最先端の情報が飛び交い、それらを駆使して技術を追求しなければ社会の荒波に飲まれてしまいます。

上京してきていきなり多忙になり、オンオフのない生活を過ごしている人も少なくないでしょう。一人暮らしの場合、その厳しさや寂しさを共有してくれる人が周りにいない方もいると思います。ストレス解消のために買い物や飲酒に歯止めがきかなくなり、さらには掃除や、ゴミを捨てることもせずどんどんと家にゴミが溜まっていき、いわゆる「ゴミ屋敷」となってしまうケースもあるようです

このように、地方に比べて孤独になりやすい東京では、自宅がゴミ屋敷と化しているケースが多い地域です。どんどんとゴミが溜まってしまい、人にも言えずに放置して取り返しのつかないことになるなんてことも。また東京では、富裕層でありながら、どこか疲れきっていたり、1つの社会的ステータスを維持するために、それ以外の日常生活の部分が犠牲になってしまっていたりする場合も多いようです。勝者・強者であるが故の悩みなのでしょう。

大量のゴミで埋め尽くされた自宅を自分一人で掃除・清掃するのは至難の業です。そこでおすすめするのが、「ゴミ屋敷清掃(掃除)業者」です。なんといっても、ゴミ屋敷という汚い部屋に慣れており、廃棄物処分の正規事業者であり、自社にて回収物の処分が可能、そして迅速な作業という、正にプロフェッショナルな働きをしてくれるのです。もちろん、料金はかかってきますが、それを差し引いても自分で掃除・清掃もできずに放置してその後何年もいるよりは断然良いでしょう。

だから業者にお任せ! ゴミ屋敷清掃で起こりがちなトラブル

ゴミ屋敷を業者に頼らず個人の力だけで解決しようとすると、かなり大きな労力が必要となりますし、清掃の途中でさまざまなトラブルが発生するおそれがあります

まず考えられるのは、ゴミ屋敷内に散乱している不用物によってケガをしてしまうといったことです。床に落ちている画鋲やガラスの破片を踏んでしまったり、積まれた粗大ゴミのバランスが崩れて落ちてきたり、いろいろな危険がゴミ屋敷には潜んでいます。実際、屋敷を清掃しようとして大けがを負ってしまった事例も存在しているのです。

また、ゴミに紛れていた貴重品をうっかり捨ててしまい、住人と諍いになってしまったということもしばしば起こり得ます。そうなると最悪の場合裁判沙汰となり、賠償請求をされてしまうかもしれません。

このように、ゴミ屋敷はさまざまなトラブルの温床といってもよく、なんの知識もない素人が対処しようとするのは危険です。よって、専門的な知識とノウハウを持った清掃代行業者に対策を依頼するのが、もっとも安全でリスクの少ない方法と言えるでしょう。

こんな清掃業者には気を付けて!

清掃業者にゴミ屋敷の対処を依頼する際は、いろいろと注意すべき点があります。もし、十分に考慮をすることなく適当な業者に決めてしまうと、それこそトラブルの原因となってしまうからです。

まず、あまりにも安い金額を公式HPなどで提示している業者は注意するようにしましょう。そのような場合、作業後に追加料金としてかなりの額を請求されるおそれがあります。「追加料金なし」や「〇tまでのゴミは定額」という注意書きがあれば信頼はできますが、ただ値段だけを書いている場合は怪しんでください。

また、個人情報やプライバシーなどの面において、十分かつ具体的な対策を行っているかどうかもかなり重要です。さまざまな不要物があふれかえっているゴミ屋敷では、何が個人情報漏洩のきっかけとなるか分かりません。たとえたった1枚の書類であっても、人物の身元や住所が割り出されてしまうことだってあるのです。そうなれば、生命にかかわる大きなトラブルに発展するおそれだってないとは言えません。ですので、個人情報漏洩対策は必須とすら言えます。

HPや電話問い合わせなどで、そうした面にどこまで力を入れているかを、必ず確認するようにしてください。答えをはぐらかすような業者は、即「信頼できない」と判断してもかまわないでしょう。清掃業者へ依頼をする場合には、事前にしっかりと業者を調べてから申し込むのがおすすめです。

ゴミ屋敷は一人で片付けできる?

ゴミ屋敷は一人で片付けできる?自宅がゴミ屋敷になってしまうのは生活習慣の蓄積によるもの忙しい毎日に追われいつの間にかゴミが溜まっていたという場合も少なくありません。 当の本人は気付かず、周囲の人間に言われ始めて気付くこともあります。 そして、気付いてしまったときには足の踏み場もなく、手の付けられない状態となっているのです。 そのまま放置しておくと、近所から苦情が出てしまいます。

   

都市圏ではゴミ屋敷への条例も

東京などの都市圏では自治体によってゴミ屋敷に関する条例を制定しているところもあります。 ゴミを放置して蓄積させておくと、やがて行政による指導を受け強制退去という結果さえ招きかねません。 一人ででも、少しずつでも何とか片付けていきたいものです。

 

思い立ったら吉日

「思い立ったら吉日」ということわざがあります。 ことわざというものは生活の中で育まれてきた珠玉の言葉です。 ですから、嘘はありません。 思い立ったその日がもっとも意欲に溢れているのは言うまでもないこと。 思い立ったらすぐに行動に移しましょう。 思い立ったその日から片付けが始まります。

 

一人で片づけるには手順が大事

自宅をゴミ屋敷にするために方法や手順など必要ないのですが、片付けるとなるとそれなりの手順を踏まえる必要があります。 思い立ったその日が吉日であることは確かです。 ただし、体を動かす前に少しだけ頭を働かさなければなりません。 どこから手を付けるか?そして、目の前にうず高く積まれているものは本当にすべてがゴミなのか?そう考えると、またうんざりしてしまいそうです。 けれども、手順というものにはすでに答えが用意されているのです。

 

出口から片付けていく

奥の部屋から手を付けてしまうとゴミを出すだけでひと苦労、頑張って片付けたとしても隣近所の誰も気付かず成果を実感することもできません。 ヘトヘトになって翌日は筋肉痛、休んでいるうちに元の木阿弥となってしまうことすらあります。 そうならないために、まずは動線を確保することが大事です。 玄関口から片付けていくのがもっとも効率的で、片付いていく成果を実感できます。 玄関から順に片付けて、廊下、居間、キッチン、だんだんと奥の部屋へと進みます。 処分する物を出すときの動線に困ることはありませんし、居間やキッチンに手を付けておくと、疲れたときの休憩もしやすくなります

 

捨てるものは使わないもの、残すものは使うもの

片付けをする時にもっとも障害となるのが処分するかしないか迷ってしまう心です。 迷うことほど時間をロスする行為はありません。 思い立った吉日の熱の覚めないうちに、捨てるか捨てないかの決断が必要です。 決断するための基準となる要素は「使うか使わないか」ということです。 消耗品であれば躊躇することはありません。 いつか使うための物が緊急時にも携えていたい物であるかも判断材料のひとつです。

 

想い出は身体の中で浄化させていく

片付けの途中で想い出深い物に出逢ってしまい、片付けが中断してしまうのは誰しもが経験することです。 欠けたコーヒーカップやうす汚れたタオル一枚にしばらく見入って、あれこれと思い返してしまいます。 挙句の果てに、捨てようとしていたはずなのに思い留まってしまうこともしばしばです。 想い出は物の中に存在するわけではありません。

物が、薄れゆく記憶を呼び覚ます手助けをしてくれることは確かです。 けれども、想い出は経験、それは自分を育んで、すでに血肉となっています。 身体のすみずみにまで行き渡っているのです。 汚れたタオル一枚捨てることにためらう必要はありません。 せっかくゴミ屋敷の片付けに着手するのであれば、終活の一環というほどの覚悟が必要です

 

いつどうなるかわからないからこそ

観測史上初という気象庁の発表を聞くのは当たり前になり、毎年のように大規模な自然災害が発生します。 人間いつどうなるかわかりません。 自宅をゴミ屋敷にしたまま逝くのはいささか不本意と思われるなら、片付けるのは容易いことです。

 

一人で難しい場合には業者へ

東京などの都市圏ではゴミ屋敷が社会問題化し、条例が制定され厳しい行政処分を科す自治体もあります。 そのような対象とならないよう、できるだけの自助努力は必要です。 それでも、さまざまな理由で片付けられない場合には専門業者へ依頼するという選択もあります。 多くの業者があり、中には悪徳な会社もあるので慎重に選ぶ必要があります