東京のゴミ屋敷掃除におすすめの清掃業者をご紹介

ゴミ屋敷清掃業者に依頼する際の注意点とは?

    


部屋の中がゴミだらけでどうしようもない時、自分一人ではどうしようもできない時があります。
大量のゴミでもきちんと清掃してくれる業者がいるので依頼を検討してみましょう。
業者は非常に多く、正しい業者選びが必要になります。

 

 

 

あまりにも安い金額を提示している業者

足の踏み場もないほど床の上にごみが散乱しているとき、ゴミ屋敷といえるかもしれません。元々きれいな部屋だったのでしょうが、最初はペットボト一つからどんどんゴミが増えていきます。生ごみなどは臭いが出ますが、毎日のように生活していると臭いも気にならなくなり、そのままひどくなります。あまりにひどい状態になると一人で対応するのは難しく、業者に清掃を依頼した方がいいかもしれません。

インターネット上には多くの業者があり、価格を具体的に提示してくれている業者もあります。その中からできるだけ安い価格を提示しているところを探そうとしていると、他よりも圧倒的に安い価格の業者を見つけられるかもしれません。

しかし業者選びで価格を優先するには注意点があります。安く提示されている部分は基本部分だけ、出張部分だけなどで実際にはそれ以外の費用も掛かる可能性があります。請求されたときに高額の請求を受けてびっくりすることになります。多くは部屋ごとに金額が変わるので、見積もりをしてもらって納得をして作業をしてもらった方がいいでしょう。

 

個人情報の管理をきちんとしているかどうか

人の私生活にはプライベートな部分が多くあります。知られても問題ないこともあれば、あまり知られたくないこともあるでしょう。自宅がゴミだらけであることを公表する人はあまりいません。それほど自慢できることではないですし、自己管理力のなさを周りに伝えているのと同じことになります。

ただあまり汚い状態をそのままにするのを問題と考える人もいて、それを解消しようと専門の業者に依頼するときがあります。ホームページなどから良さそうな業者を選び、金額や作業内容にも納得してほっとするかもしれません。しかしその後で自分の知らないところで変な情報が流れる可能性があります。自宅がゴミ屋敷であったことや、ごみの中に埋もれていた情報などが知れ渡るとしたら恐ろしいでしょう。

業者を選ぶときの注意点として、個人情報の取り扱いをどうしているかを確認しましょう。ホームページに行動方針などが書かれていて、契約書などにも情報漏洩時の対処方法などが書かれていれば一応安心して利用できるでしょう。大手なども情報漏洩対策をきちんとしてくれています。

 

ゴミを処理する正規事業者かどうか

生活の中で出たごみは、定期的に自治体の指示に従って指定の場所に出します。すると自治体や自治体から依頼を受けた業者が回収しに来てくれ、ごみを処理する場所や廃棄する場所に持って行ってくれます。一般の人がゴミなどの不要物の処理ができるのは、指定の場所に置いたり自治体に来てもらって処分するところまでです。自分で勝手に処分場に持って行ったり、廃棄などはできません。処分場に持って行くとしたら、所定の手続きを踏む必要があります。

ゴミ屋敷を掃除してもらおうと業者に依頼をすると、どんどんきれいにしてもらえます。気分もすっきりしますが、ではその時に出たごみはどう処理されるかです。依頼するときの注意点として、業者が正規の事業者かどうか確認する必要があるでしょう。正規の業者であれば、出たごみを正しい方法で処分場に持って行ったり廃棄場に持って行ってくれます。正規でない業者はそれ以外の方法で廃棄しようとするときもあります。業者に依頼するときに業者名などが分かるでしょうから、正規事業者に登録されているか調べておきましょう。

 

同じサービスならできるだけ安く受けたいとかんがえるかもしれません。でもあまりにも安い金額の提示は何か問題が隠れているかもしれません。個人情報の管理や、ごみ処理に関する資格の確認などをして業者選びをしましょう。