東京のゴミ屋敷掃除におすすめの清掃業者をご紹介

ゴミ屋敷は火事のリスクが大きい

    

ゴミ屋敷は火事のリスクが大きい

火事が発生した場合、すぐに消し止められることもありますが、あっという間に燃え広がったという当事者や発見者の後日談を聞くことが少なくありません
その理由は火元近くに燃えやすいものがあったからと言い、残念ながら犠牲者が出てしまった場合には、逃げ道が塞がれていたためと言います。
いずれもゴミ屋敷そのものを言い表しているような言葉です

 

 

 

火事になるさまざまな原因

火事になる原因のトップ3は

コンロからの飛び火

タバコの火の不始末

ストーブからの出火 です。

タバコの火を除けばオール電化の住居では起こりえない出火原因ですが、

電気器具の不具合コンセントのショートはいつ起こるかわかりません。

特にタコ足配線は過電流などによる不具合、出火を招く恐れがあるので避ける方が無難です。
やむを得ない場合には専門家の意見をよく聞き、容量を確かめてから使用することをお勧めします。

 

① コンセントから出火

電気器具やコンセントにホコリが積もるとショートの原因となり、出火することがあります。
多くの場合、火花がちらつく程度ですみますが、近くに燃えやすいものがあるとたちまち火となり燃え広がってしまいます。
コンセント周辺に物を置かないこと、ホコリを溜めないことは火事を起こさないためにいちばん最初にやることです

 

② こもった熱が火になる

電気というものは電流が流れている間、熱を帯びます。
そのため、ある程度の放電が必要なのですが、長い電気コードをぐるぐる巻きにしていたり電気製品の排熱口近くに物を置いたりしていると熱がこもり発火することがあります。

電気製品の増加と共に増えてきた火災原因です。

電気製品を壁に近づけすぎないこと

長すぎるコードを使わない

使わない電気製品のコンセントは抜いておく ことが大切です。

 

燃えるものが多いゴミ屋敷

世の中には燃えない物より燃える物の方がはるかに多く存在します

ゴミも同様、缶やビンを除きほとんどのゴミは燃えますし燃やすことができます。

プラスチックやアクリルは燃えるまでに時間がかかることはありますが燃えてしまうと高温となり、手が付けられません。

スプレー缶が爆発して被害をいっそう大きくしてしまうこともあります。

紙や段ボールは着火剤として用いられるほど燃えやすいものです。

ゴミ屋敷が火事になると、手の付けられない状況を招くことは目に見えています。

 

ゴミ屋敷は火の回りが早い

火は燃えやすい物から燃えやすい物へと移ります
そして、炎は広がっていきます。

広がることにさほどの時間は要しません。
なぜならばすぐ近くあるゴミからゴミへと燃え移るだけだからです。

家の中のほとんどのゴミに燃え移ったときには、家はすでに炎で埋めつくされているのです。

 

逃げ道はなく消火にも手間取る

ゴミ屋敷が火事になったときの最大のリスクは逃げ道が塞がれていること、そして消火に手間取るということです。
燃えやすい物だらけのゴミ屋敷はあっという間に炎に包まれてしまいます。
自分で消火するとなるとそれ以上の早さで対処しなければなりませんし、相当の消火能力が必要です。

自分で消すことをあきらめて消防署を呼び、逃げようにもゴミに阻まれてしまい思うようにならないといったケースも少なくありません。
また、駆けつけた消防隊員も山積みされたゴミのため家の中に入れず、消火に手間取ってしまいます。
手間取るうちにも火は燃え広がり、火の粉は近隣へと飛び交います。
やがて大規模な火災を引き起こし、取り返しのつかない事態を招いてしまうのです。

 

ほんの少しの掃除で防げる

ほんの小さな火種が取り返しのつかないことになりかねません。

タバコの火やコンロの火の始末はもちろんのこと

コンセントのホコリ

電気製品の後ろ側など普段から小まめにチェックしておくことは大切です。

何より、ゴミを溜めないことは被害を最小限に食い止める最大の防火方法です。