東京のゴミ屋敷掃除におすすめの清掃業者をご紹介

近所にゴミ屋敷があったらどうしたらいい?

    

ゴミを異常に溜め込んでしまっていて、敷地外にもはみだしているような状態や悪臭を放っているような状態、いわゆるゴミ屋敷は、今や社会問題化しつつあります。

今後は、一人世帯や高齢化世帯の増加に伴い、このようなケースはますます増えるものと思われます。

もしもご近所にこのような家があったら、一体どうやって対処できるでしょうか

 

ゴミが溜まるのは様々な原因がある

家がゴミまみれになると、当然、様々な弊害が生まれてきます。

悪臭はもちろん、害虫やねずみなどの発生や飼っているペットや野良猫等の糞害などがある他、放火等の危険性も高まります。

また敷地からはみ出たゴミは通行の妨げになる他、景観を損ない、その界隈の土地の価値を下げることにもなりかねません。

近隣に住む人々の精神的ストレスは計り知れないでしょう。

一方、ゴミを放置している側にもそれなりの理由や言い訳があります。

収集癖からつい集めてきてしまい捨てられない、体力がないので一変に片づけられない等は、よく耳にする言い訳でもあります。

認知症やうつ病が疑われる場合もあるでしょう。

出来れば、状態が悪化する前に何らかの対策を取ることが重要であるといえます。

 

他人のゴミを勝手に処分できるのか

隣家がゴミを溜め込み、周囲に迷惑が及んでいる場合、そのゴミを勝手に処分することは可能でしょうか。

「ゴミなら捨てても構わないだろう。」と考える方もいるかもしれませんが、実は、他人がゴミを処分することはできません

他人の目からはゴミのように思えたとしても、本人にとって必要なものであるという場合も考えられるからです。

たとえゴミであっても家の中のものはその人の所有物なので、他人が勝手に処分すると法的に訴えられることもあり得るので注意が必要です。

そこで、まずは、悪臭や火災の心配など、困っている状況を相手に丁寧に伝えることから始めてみるべきでしょう。

その際は、あくまで感情的にならずに、優しく穏やかな態度で伝えることが大切になります。

 

話が通じない場合の対処法を考える

丁寧に伝えても、相手が全くわかってくれない、酷い場合は逆切れされるなどということもあるかもしれません。

そんな時はどのように対処したら良いでしょうか。

意思疎通がうまくできない相手に、個人的に何度もアプローチを続けるのは危険が伴います。

そこで、町内会などの自治体に相談し、住人同士が一致団結して交渉するようにしましょう。

困っているのはひとりだけではないことを伝えることで効果があらわれることもあります。

それでもうまくいかない時には、警察や消防署に相談するという手段もあります。

基本的に、警察は民事不介入ではありますが、本人に直接、安全面などの注意をしてもらうことは可能です。

警察や消防が出てくることで、態度を改めてくれるケースもあるでしょう。

現在、自治体によっては、この問題を深刻受け止めゴミ屋敷条例を設けて、ゴミの強制撤去の費用を本人が負担できない場合には自治体が立て替えているところもあります。

なので、解決が難しい場合には自治体に問い合わせしてみることも1つの方法だと思います。

個人での対応には限界があるので、なるべく周囲を巻き込む形で対処していくことが、トラブルを回避する方法であるといえるでしょう。

 

近所にゴミ屋敷があると、悪臭や害虫被害の他、放火等の危険性もあり、周囲の住人の精神的ストレスにもなります。

ゴミといっても所有物であるので勝手に処分はできないので、まずは穏やかな態度でゴミの撤去を求めてみましょう。

それでもダメな場合は、自治会や警察、消防署に相談してみましょう。

自治体の窓口に相談するという方法もあります。

いずれにしても、個人的な対応には限界があるので、周りの人たちを巻き込んで対処することが重要になります。